障がい者雇用支援事業

就労移行支援ジョブリッジ ▼

就労移行支援ジョブリッジ

弊社では、2013年7月から2014年6月までの1年間、大阪府からの緊急雇用創出事業を受託し、障がいがある方の雇用促進事業を展開しておりました。職業訓練校のノウハウならびに、1年間の事業運営で得た企業をはじめ、各支援機関・行政とのネットワークを活かし障がいがある方の雇用をサポートするべく就労移行支援施設「ジョブリッジ」を立ち上げました。

就職サポート

年齢・性別・障がい種別問わず同じカリキュラムを行う施設が多い中、ジョブリッジでは利用者の希望に沿ったオーダーメイドのカリキュラムを採用。利用者が主となり支援員に相談し、一から創り上げることによって主体性を育むと共に、自分に何が必要なのかを把握し、支援者と共有し行動力を身につけていきます。

また、パソコンスキルの上達だけではなく、実際の業務をチームで体験し業務に必要なコミュニケーションの力も養います。教科書だけでは身につかない応用力、ビジネススキルの向上に取り組んでいます。

※SST(Social Skills Training)……自分の状況や考えや気持ち、相手に対する質問や要求などをうまく伝えられるよう、実際の状況を演じながら練習(ロールプレイ)していくことです。
就職・定着支援・フォローアップ

定着支援

定着支援とは、利用者が直接企業様へ相談できない時、代わりにお伝えしたり、その逆を行う支援ですジョブリッジの定着支援は「一生」です。利用者や企業様が求めれば、対処後の際。限なく定着支援をしています。

定着支援イメージ